FC2ブログ

ビタミンC

さて、前回のブログで少し触れた、ビタミンC
ビタミンCというと、美容のためというイメージが強いと思いますが、抗酸化作用を持ち、免疫力に関わる白血球の働きをサポートすることで、風邪などの感染症から守ってくれます。そして、実はストレスにも対抗するために体内で働いているのです。
その他にも鉄の吸収を助けたり、お肌のハリを保つためのコラーゲンを作るときに必要とされたり、メラニン色素の生成を抑えたり、ホルモンの生成に関わったり・・・と美容だけでなく、カラダのあちこちで必要とされるビタミンなのです。
そんなビタミンC、タイで手に入る商品をいくつかご紹介します!

HICEE
日本にもあるタケダのハイシー、こちらはチュアブル錠です。
1錠あたり500mgのビタミンCを配合、水なしでも飲めて、お手軽。味もレモンのさわやかな感じで◎
1日1-2錠が目安です。

CDR Calcium-D-Redoxon
日本ではあまり見かけませんが、タイをはじめ海外ではよくみる発砲錠!水に溶かして服用、オレンジ味の微炭酸ドリンクみたい。
目安は1日1錠。成分はビタミンC 1000mgを中心に、カルシウム・ビタミンD3・ビタミンB6を含有。
骨を健康に保ちたい方やカルシウムが不足気味な方にピッタリ✨

Redoxon Zinc
こちらも上記と同じく発砲錠タイプ。飲みやすいオレンジ味。
成分はビタミンCと亜鉛。新陳代謝を整え、免疫力アップ・肌や髪の健康維持など亜鉛の働きは多岐にわたります。食事からではなかなか摂りにくいミネラルである亜鉛も、ビタミンCと合わせることで、吸収も良くなります。1日1錠が目安。

Blackmores Bio C 1000
天然由来の成分(ローズヒップ、バイオフラボノイド、ルチン、アセロラなど)配合で、ビタミンCの働きもサポート。
1日1錠を目安に

Mega We Care Nat C 1000mg
タブレットタイプ。レモンバイオフラボノイドやローズヒップ、アセロラなど天然のビタミン源を含みます。
1日1錠を目安に服用。

食事からもとることができ、バランスの良い食事を心がけていれば不足する心配はないと言われるビタミンCですが、バランスの良い食事がとれているか不安・・・というとき、ストレスを感じるとき、風邪をひいたときなど、必要に応じてビタミン剤で補って!
また喫煙者妊婦さん・授乳婦さんは必要量が増えると言われるので、積極的にとることをオススメします♡
スポンサーサイト



季節の変わり目

早いもので、もう11月。2020年もあと2ヵ月を切りましたね~
バンコクも先月雨季があけたそうですが、今年は台風で雨が1日中降る日があったり、寒い日が続いたり
そんな季節の変わり目なので、風邪やインフルエンザにも注意しつつ、新型コロナにも引き続き気を付けたいところ。

タイでの新型コロナの感染は落ち着いていますが、ニューノーマルとなった「マスク着用」は基本どこでも必須、「アルコールジェルによる手指の消毒」はレストランやデパート・駅構内などあらゆるところに引き続き置かれています!
インフルエンザウイルスも接触感染・飛沫感染が感染経路になるので、マスクの利用もアルコール消毒も有効◎
いまは流行ってないから~と安心せず、予防はしっかりしましょ!!

MEDs21オリジナルブランドのアルコールジェル、11月よりお求めやすい価格になりました!
1.jpg
OPACY アルコールハンドジェル 75ml (写真左)49baht
 (6本セットは279baht)
OPACY アルコールハンドジェル 500ml (写真中央)149baht
 (3本セットは429baht)

アルコールスプレーも取り扱っています✨スプレーは取手やトイレの便座などの除菌としても使用でき、意外に便利。
※アルコール除菌に適さない素材もあるので、注意を。
OPACY アルコールハンドスプレー 50ml (写真右)55baht
 (6本セットは315baht)

風邪っぽいなと思ったら、タイハーブの一種である
ファータラーイジョーン/ฟ้าทะลายโจร
という薬はいかがでしょう?古くから風邪の初期に使われるそうで、日本でいう葛根湯のような存在なのかもしれません。

美容としての印象が強いビタミンCも、タイでは免疫力アップのためと積極的にとる方も多く、新型コロナのピーク時は品薄状態になりましたが、風邪やインフルエンザの時期にも人気のある商品のよう
ビタミンCのサプリメントは種類も豊富なので、次の機会に取り上げたいと思います✨

日本でもおなじみ「アリナミンEX」

「疲れが目・肩・腰にきたら。」
というキャッチフレーズで有名なアリナミンEX plusは、実はタイでも購入できるのです!!
IMG_0722.jpg
アリナミンEXには目の疲れや神経の疲れに効果的なビタミン群が配合されており、食事のみでは摂取しにくいビタミンを補給し、疲れを緩和してくれます◎
<成分>
ビタミンB1 誘導体(フルスルチアミン)
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンE
パントテン酸カルシウム
※日本では1日1回2-3錠ですが、タイの製品は1日1回1錠となっています

この中でも、ビタミンB1がアリナミンのカギとなる成分なのですが、このビタミンB1は糖質からエネルギーを作る重要な栄養素なのです!それだけでなく、神経の働きもサポート。つまり、ビタミンB1は神経痛にも有効!肩や腰の疲れにオススメな理由はそれだけでなく、神経に働くビタミンB12も含有していることも挙げられます。

また、アルコールを飲む人にとってビタミンB1は意識して取ってほしい栄養素でもあります✨なぜなら、アルコールの代謝にビタミンB1を消費するから。まだちょっと先ではありますが、宴会シーズンに備えておいても損はないはず!

ビタミンB1は豚肉や玄米などに豊富に含まれていると言われているので、食事面でも意識して取ってみてください◎ただ、このビタミンは水溶性で水に溶けやすく、栄養バランスを考えて食事をしても吸収されにくいビタミンでもあるのです。そして、ビタミンB群はそれぞれ助け合いながら作用するため、他のビタミンB群ともバランスよく摂るとより効果的!
食事が偏っているな~というときなどには、サプリメントなども上手に活用しましょ

疲れた・・・と思ったら、無理せずに休息をとることがいちばん
でも、どうしても時間が取れない時には栄養剤の助けを借りてみてもいいと思います♪

長時間のデスクワークでのコリにはストレッチも有効◎
オフィスでできる「ながらストレッチ」!アリナミンのWEBサイトより👇
https://alinamin.jp/tired/stretch/01.html

旅行に行くなら・・・・!!

先日、タイ政府は11月と12月にそれぞれ4連休を設けることを承認しました!!
概要としては👇
11月19日木曜日と20日金曜日を特別公休日として、4連休を創出。
11月19日(木)~22日(日)
また12月5日土曜日のラマ9世(故プミポン前国王)生誕日の祝日の振替休日を12月7日月曜日から12月11日金曜日に移動することで、12月10日木曜日の憲法記念日から4連休とする。
12月10日(木)~13日(日)
なんと、2ヵ月連続で4連休となる見通しです✨
タイ政府の目的としては、タイ国内観光の活性化とのこと!今回の新型コロナによる影響は、タイ経済において大きな推進力となっている観光産業にかなりの打撃を与えているそう。タイの経済活性化のためにも、この連休を使って普段はなかなか行かないところへ足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

ニューノーマルとなったマスク、アルコールジェルは旅行に行くときにも忘れずに!!!
また、旅先では食あたり・水あたりやデング熱の感染など体調面のトラブルに気を付けたいところ常備薬も忘れずにご用意を
旅支度に揃えたいものをいくつかご紹介しましょう

IMG_0582.jpg
[左からアルコールハンドジェル、アルコールスプレー、3Dマスク]
①アルコールハンドジェル/アルコールスプレー
まずはコレ!新型コロナの影響でレストランやデパートなどなど、どこにでも置いてありますが、持っていくほうがお手洗いの後や食事前などに使い、手を清潔に保ちましょう!もちろん洗える環境ならきちんと手洗いしましょうね。
アルコールスプレーは取手やお手洗いの便座などにも使えるのでカバンにIn

②マスク
こちらもニューノーマルとなった今は欠かせないですね!タイでは布マスクも一般的になり、多くの方が使っている印象ですが、旅先では使い捨ても便利

③経口補水液(ORS)
食あたり・水あたりによる下痢では脱水症状を引き起こしやすいため、常備薬として用意しておくと安心。炎天下で夢中になって熱中症気味に…なんて時にも使えます一気に飲む必要はないですが、少しずつ少しずつ水分補給をしましょう!水に溶かして飲むタイプなので、飲み水の準備も忘れずに。

④下痢止め
食あたり・水あたりにも使える下痢止めはいざというときに重宝します!普段お使いの下痢止めがあれば、そちらを用意しておきましょう
タイでは、真っ黒のを使った薬、GREATER CA-R-BONなどが良く使われるようです。炭なので原因となるものを吸着してくれるイメージですね!またピンクのGASTRO-BISMOL 524(次サリチル酸ビスマス)も薬剤師さんのオススメなんだとか。
あくまでもFirst Aidなので、必要に応じて病院に受診してくださいね
IMG_20200929_095003.jpg
[①・②➙経口補水液、③➙GREATER CA-R-BON、④➙GASTRO-BISMOL 524]

⑤虫よけ
雨季に多いとされているデング熱。デング熱はいまだに治療法のない病気なので、まずは蚊に刺されないようにすること
天然成分100%のものからDEET配合のものまで、ラインナップは様々。小さなお子様がいるならパッチタイプや天然成分の商品、キャンプなどのアウトドアに行くならDEET配合商品を選ぶなど、目的に合ったものを選びましょう!
IMG_20200929_094507.jpg

旅行を楽しむためにも、準備は万端に!!
さて、、、どこに旅しますか?

気になるニキビ。。。

タイではどこに行くにもマスクが必須
ニューノーマルとなった今、コンビニでも、スーパーでも、電車ももちろん、マスクがないと利用できません
毎日毎日、マスクの使用でお肌の荒れ気になりませんか??

特にニキビもともとできやすい体質だと、髪の毛のちょっとした刺激でさえもニキビのきっかけにもなってしまうのに、マスクの刺激はお肌にとってかなりの負担になっているはず…
Meds21に新しく入ったこちらの商品は、ニキビが気になる方やできやすい方にオススメ!!
ACNE retinol-A
「PROVAMED ACNE RETINOL-A GEL」
レチノール・・・ビタミンAの一種。毛穴を引き締め、ニキビのモトを減らし、細胞のターンオーバーを加速させる!
PCA亜鉛・・・ニキビの原因となる皮脂(皮膚から分泌されるアブラ)の過剰分泌を抑える
ティートゥリーオイル/セイヨウシロヤナギ樹皮エキス・・・ニキビの原因アクネ菌に働き、毛穴を清潔に保つ
ディフェンジル・・・天然植物オイル配合のスキンケア原料、炎症やかゆみを抑え、刺激に負けない肌をつくる
アルコールフリー、フレグランスフリー、着色料も使っていません

ニキビのできやすいところに朝晩1日2回塗るだけ◎
コメドと言われるニキビの赤ちゃんにも作用してくれます!
皮膚科医によるテスト済なので敏感肌の方も安心して使えるのもGood
(※すべての方にアレルギーが起きないわけではありません)

ニキビの原因は本当に様々。
◆ホルモンバランスの乱れや乾燥による皮脂の分泌過剰
◆肌のターンオーバーがうまくいかず毛穴がつまる
◆つまった毛穴の中でアクネ菌が増殖、炎症を引き起こす
他にも、睡眠不足や紫外線、大気汚染などの外部刺激、ストレスなどもニキビのきっかけになります。

ニキビが気になるときに、いつものスキンケアに追加して使ってみてください♪
Profile

Meds21Pharmacy  (AYA CO., LTD.)

Author:Meds21Pharmacy  (AYA CO., LTD.)
所在地:B.B.Building 1F, 54 Sukhumvit 21 (Asoke) Road, Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
タイ・バンコク、アソーク通り
TEL日本語対応(携帯電話):+66-81-371-1049(営業時間のみ)
営業時間:月~金(祝日休み)
08:30~17:00
※新型コロナの影響により短縮しています
WEB:https://aya.co.th/

Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
QR code
QR